• HOME
  • 経営
  • 苦しいのは当たり前!美容室の経営を改善する為の基礎からの解説

美容室の経営

独立したものの、美容室の経営がうまくいかずに悩まれている美容師の方は本当に多いです。そして、美容室の経営改善には、他の一般的な会社とは違う難しさがあります。

この記事では、「なぜ美容室の経営が難しいのか」や「美容室の経営を改善させる為には、どうすれば良いのか」といった質問に回答します。

美容室業界の経営環境

美容室の経営を考える上では、まず、美容室業界が置かれた経営環境を理解しておくべきです。

美容室の店舗数と顧客数の推移

美容室の数は、一貫して増え続けています。

平成30年の時点で、美容室(統計上は、美容所)の数は251,140施設ですが、平成20年の時点では221,394施設でした。平成10年まで遡ると、201,379施設でした(データは、厚生労働省平成30年度衛生行政報告例より)。

すなわち、20年前と比べると約25%も美容室は増えているのです。そして、この増加傾向は継続しています。

前述の施設数には、アクティブに活動していない美容室も含まれているでしょう。しかし、総数が増加しているという事は、その増加数以上の美容室が「新規に開業している」と考えて間違いありません。

そして、その一方、日本の人口は増えていません。これは、美容室業界における「お客様の総数」が増えていない事を意味します。

※実際には、もう少し複雑に考えるべきですが、大きなトレンドとしては、これ位の理解で問題ありません。

基本的な美容室の経営環境

これらの事実から言える事は、「単純計算した場合、美容室1店あたりの顧客数は減少している」という事になります。

すなわち、美容室業界においては、「増えないお客様を、増加し続ける美容室が取り合っている」という状態が続いているのです。

ですから、「以前と同じ事をやっているのに、売上が減少している」としても、それは不思議なことではないのです。もちろん、「新規顧客の獲得が難しくなっている」という事についても同じです。

業界によっては、「以前と同じ事をやっている」だけでも「経営が改善する」可能性のある所もあります。しかし、美容室業界は、「努力をしないと、経営は改善しない」業界であるといえます。

まず、これらの点を、美容室の経営に考える上での「基本」として認識しておくべきです。

美容室経営がうまくいかない3つの理由

美容室経営がうまくいかないのには、3つの共通した理由があります。

激しい競争状態

前述の通り、美容室の経営環境は楽なものではありません。数字だけを見れば、「毎年、経営環境が厳しくなっている」とすら言えます。

新しく出来る店舗の競争力が貴方の店舗よりも圧倒的に低く、「自店舗の競争相手にすらならない」のであれば良いのですが、そうで無い限り、自店舗の運営には必ず影響が出ます。

乱暴に言ってしまえば、「美容室の新規開店がある分、自店舗の顧客数が減っていくのは当然」ですらある訳です。

また、同じ理由により、「新規の顧客を獲得する難易度も上がり続けている」という事になります。

コスト上昇傾向

顧客維持や顧客獲得が難しくても、経費が削減出来れば、経営状態は維持出来る可能性があります。しかし、美容室の業界においては、それも許されません。

基本的な「物価や人件費の上昇」に加え、「競争力を維持する為の出費が増える」傾向にあるのです。

いわゆる「集客の為のメディア掲載費用」や「設備投資費用」です。

新規顧客の多くは、「美容室を紹介するメディア」で美容室を調べます。また、「その店が作成しているホームページ」などを見て、店の評価をします。ですから、こういった所にお金がかかる時代になっています。

また、設備投資も欠かせません。他店よりも設備が古いと、顧客を逃す事にもなりかねません。

なかなか売上が増えない中で、こうした経費の増加傾向は、経営を更に圧迫します。

経営人材の欠如

一部の大手企業を除いて、美容室の運営側には、「経営を真面目に勉強した事がある人材」がいません。

この為、ほとんどの美容室は、他の業界で当たり前のように行われている「経営改善の為の検討や実行」が行えない状態にあるのです。

なお、美容室業界における「経営人材の不足」は、美容室の多くが「美容師が独立してスタートしており、その後も運営体制を見直すことがない」という事情から来ています。

貴方の美容室の経営状態を改善する方法

では、どのようにすれば、貴方の美容室の経営は改善するのでしょうか。その方法について解説します。

競争を勝ち抜く為の方針決定

貴方の美容室が顧客数を増やせていないのであれば、「貴方の美容室が選ばれなかった理由」があります。貴方の美容室よりも料金が高くても選ばれる所はあるでしょうし、立地が悪くても選ばれる所もあるでしょう。

全ての見込み客から選ばれる必要はありませんが、「貴方が獲得すべき顧客」を獲得できていないからこそ、「貴方の美容室の顧客が増えない」という状態が生まれています。

その状態から脱却する為には、まず、「貴方の美容室が、どのような見込み客を狙うべきか」を正しく定める事です。そして、その為に必要な「狙った見込み客を獲得する為の対策」についても適切に定め、実行する事です。

これらは当たり前の事のように聞こえると思います。しかし、狙う方針が間違っていたり、曖昧であったりする所は本当に多いのです。結果、他の美容室と同じような対策しか打てていない所が多いのです。

日々の業務に終われ、「しっかりと考える時間が取れない」という事情もあるでしょうが、これらのポイントについての検討・実行が甘いと、「自分ではしっかりとやっているつもり」でも、「競争力の上昇(改善)」には繋がりません。

他にも、定めるべき方針や対策は多々ありますが、多くの美容室の経営改善は、ここからスタートします。

専門家が支援する場合の具体策

そして、このような検討作業を適切に始める上で必要なのは、「貴方の店舗についての正確な分析」です。

例えば、当社で経営支援を行う場合、当社オリジナルの「需要分析」「競合分析」「ブランド価値分析」など様々な手法を組み合わせて「現状分析」を行い、その結果として「現状を改善する為の方向性」を策定します。

多くの美容室は、この「現状分析」に関する作業が出来ていません。もちろん、日常会話レベルでは「様々な分析」をしている美容室がほとんどでしょうが、前述の通り、具体的な経営改善に結びつけられるレベルでの分析が出来ている所は皆無に近いと言えるでしょう。

ですから、本気で経営改善をしたいのであれば、上記を参考にして頂き、「分析と対策」をしっかりと行う事です。

美容室の経営で悩んでいる場合の対策

美容室の経営が恵まれているのは、競合店舗も「経営に弱い所ばかり」である事です。この為、自店舗が真剣に「改善の為の作業」を始めれば、結果は出やすいのです。

ですから、今、貴方が美容室の経営について悩まれているのであれば、すぐにでも、改善の為の作業に取りかかって下さい。改善は不可能ではありません。

もし、自分達だけで作業が難しいのであれば、経営の専門家に相談する事も検討してみて下さい。

美容室業界向けの「集客サービス」などにお金を大量に使っている美容室は多いですが、「経営自体を改善する」というサービスにお金を使っている所は多くありません。

他社より先に経営改善の為の一歩を踏み出す事で、厳しい美容室業界で生き残っていける美容室になって下さい。

関連記事一覧