• HOME
  • 経営
  • 経営改善の秘訣!経営の改善を成功させる為のポイントとは

経営を改善する方法

自社の経営を改善したいと考えている経営者のうち、満足出来る結果を実際に残せる経営者は一握りです。

この記事では、「経営改善を成功させる為のポイント」について解説します。

経営の改善が意味すること

「経営の改善」が意味するものは会社の状況によって異なります。

しかし、「何らかの課題を解決し、今よりも状況を良くする」為に、「何らかの対策を検討・実行する事」を指しているのは間違いないでしょう。

経営者は、その為に様々な事を考え、そして、対策を実行して経営の改善を成し遂げようと試みます。

しかし、「対策が定まらない」、または、「対策が思った通りの効果を生まない」といった結果に終わり、経営の改善が失敗してしまうケースは少なくありません。

経営の改善に失敗する会社が多い理由

経営の改善に失敗すると、経営者の多くは、「実行体制が悪かった」や「実行環境が悪かった」などと考えます。

具体的には、「運が悪かった」「想定外の事が起きた」「実行する時期が悪かった」「社員が真剣に取り組んでくれなかった」などの理由が良く挙がります。

しかし、失敗の原因を良く分析してみると、「対策のスタート時点で、既に失敗する可能性が高かった」というケースが少なくありません。

そして、その多くに共通するのが、「目標設定が適切ではなかった」という理由での失敗です。

経営改善を成功させる為の最重要ポイントとは

ですから、自社の経営を改善したいのであれば、まず、経営改善によって成し遂げる「目標」について、真剣に検討するべきです。

適切な目標からは、適切な具体策(経営を改善する為の対策)が生まれます。そして、対策の実行が間違った方向に進んでいく事も防ぎます。

このような理由により、適切な目標さえ設定出来れば、経営改善の成功に大きく近づく事が出来るのです。

しかし、多くの経営者は、この「目標設定」という作業を軽視してしまっています。また、「適切な目標設定」という事について良く理解していない経営者も少なくありません。

経営改善の為に必要な目標設定の3つのポイント

次に、経営改善を成功させる為の「適切な目標」が満たしているべき3つのポイントを解説します。

達成すべき内容が明確である事

1点目は、目標の「明確さ」についてです。目標が明確である事は、対策を定める上で大切です。

例えば、単に「売上をアップさせたい」という目標から、具体的な対策を策定する事は困難です。

これに対して、「来月の売上を全部門合計で5%アップさせる」という目標ではどうでしょうか。この目標からならば、数字を各部門・各担当者に落とし込む事が出来ます。また、「日々の活動で変えなければいけない点の検討」といった作業に落とし込む事もできるでしょう。

具体的な対策に落とし込んでいけるだけの「明確性」がある目標を設定する事が、成功できる対策の為には不可欠なのです。

適切な難易度が設定されている事

2点目は、目標の「難易度」についてです。難易度設定は、簡単すぎても難しすぎてもいけません。このさじ加減も大切です。

もし、貴方が大きな変化を現場に求めているのであれば、「少し努力すれば達成出来るかもしれない」と現場に思わせてしまうような目標設定ではいけません。

逆に、現状を大きく変化させたくないのであれば、「大きな変化を起こさない限り、この目標は達成できない」と思わせるような目標設定をしてはいけません。

「売上を5%改善する」目標と、「売上を5倍にする」目標では、そこから生まれる対策の方向性は大きく異なるのです。その違いを良く考えずに目標を設定する経営者が多すぎます。

もちろん、難易度の高い目標を設定するのであれば、それを実現させる為のフォローも必要になります。

達成意欲が持てるものである事

最後の3点目は、その目標について「現場が達成意欲を持てるものであるかどうか」です。

経営者が定める目標を達成する為には、現場の社員・従業員に努力をして貰う必要があります。場合によっては、何らかの「犠牲」を強いる事にもなります。

具体的な内容はケースによって様々でしょうが、「今まで通りではない」事を成し遂げて貰う以上、経営者が設定する目標は、現場が「その目標を成し遂げたい」と思えるようなものであるべきです。

「達成できなくても構わない」と現場が思ってしまうような目標であれば、その時点で目標達成は厳しいでしょう。

経営改善の為の目標設定が難しい理由

しかし、理屈は理解したとしても、「適切な目標設定」に失敗してしまう経営者は少なくありません。

それは、「適切な目標設定」を行う為には、「経営の改善に取り組んだ経験」が求められるからです。過去の経験から得られる感覚がないと、前述の「各ポイントを満たした目標設定が出来ているかどうか」の判断は難しいのです。

そして、日本の経営者の多くは、経営改善を試行した機会(特に失敗経験)に恵まれていません。これは、失敗に厳しい日本の事情も関係しています。

この為、日本の経営者の多くは、「経営改善を行うのが苦手である」とすら言えます。

「目標達成までの道程をできる限り具体的にイメージする」などの方法で、ある程度は経験不足を補う事は出来ますが、経験不足を完全に補う事は困難です。

経営改善の為の目標設定が難しい場合の対策

しかし、その経営改善への取り組みが会社にとって重要であり、失敗が許されないケースも多いでしょう。

適切な目標設定が出来る自信がない経営者の方で、そういった経営課題に取り組まれる場合には、経営改善の経験が豊富な外部の専門家を活用する事をお勧めします。

外部の専門家に相談すると、「自社が乗っ取られるのではないか」などと心配される方がいらっしゃいますが、それは適切ではない相手に頼んでしまった場合だけです。

会社を経営する苦労を本当に解っている専門家であれば、「経営を一緒に話し合い、気をつけるべきポイントについて教えて貰う」といった関係は築けます。

経営改善に関する様々な事例を経験している専門家をうまく活用できれば、経営改善の為の「目標設定の難易度」は大幅に下がります。宜しければ、是非、検討してみて下さい。

経営を改善する為に取り組むべき内容(まとめ)

  • 経営改善が失敗したケースを分析すると、スタート時点で既に失敗が決まっていたようなケースが多い事に気付かされます。
  • そして、そのような経営改善が失敗したケースの多くにおいて共通するのが、「目標設定が適切ではなかった」という問題点です。
  • ですから、経営改善に取り組む経営者は、まず、「目標設定」に真剣に取り組むべきです。
  • 経営改善を成功させる為の目標設定を行う上では、3つのポイントを意識すべきです。それぞれ、「達成すべき内容が明確である事」「適切な難易度が設定されている事」「達成意欲が持てるものである事」です。
  • しかし、経営改善に取り組んだ事のない経営者にとって、適切な目標設定を行う事は困難です。
  • 経験不足の経営者が経営改善に取り組む場合には、経営改善の経験が豊富な外部の専門家を活用する事をお勧めします。

関連記事一覧